FC2ブログ

すぎなみフェスタで『オリンピック・パラリンピックに関する展示』を行いました☺

11月5・6日に行われた、すぎなみフェスタにて、
杉並区スポーツ振興財団は、
『オリンピック・パラリンピックに関する展示』を、
西荻地域区民センターで行いました

2016年リオオリンピック・パラリンピックや、
1964年東京オリンピックをはじめとする、
オリンピック公式ジャージや、メッセージフラッグ、聖火トーチなどなど、
貴重なオリンピック・パラリンピックグッズを盛りだくさん展示
陸上競技の記録を体感できるコーナーのほか、
オリンピック・パラリンピック種目の「フェンシング」「ボッチャ」体験コーナー等をご用意しました
本物の銀メダルもあったんですよ~

また展示の中からクイズを行い、正解者には、先着でオリジナルの
「トーチを持ったなみすけ」トートバッグをプレゼントさせていただきました

2日間多くの方にご来場いただきました。
本当にありがとうございました

2020年の東京オリンピックに向けて、オリンピックのイベントが増えていくことと思います
次回イベントにご期待ください

20161105_132512.jpg

DSC04603.jpg

DSC04601.jpg

東京ヴェルディ「杉並区サンクスマッチ」を行いました!

10月30日東京ヴェルディ杉並区サンクスマッチを行いました
今年は事前に荻窪駅や永福町駅でチラシ配布もしましたよ~

試合当日は杉並区サンクスマッチということで
杉並区民の方の観戦無料
また事前に募集していた、
ピッチ見学&ハイタッチツアーや、
選手と一緒に入場できるエスコートキッズ
ナミーズ・エンジェルスによるダンス発表などの、
イベントも行われました

試合前には、『ヴェルディファミリー・エキシビジョンマッチ』
日テレ・ベレーザandヴェルディアカデミーvsヴェルディOB+芸能人連合の
エキシビジョンマッチがあり、、
ラモス瑠偉さんや、北澤豪さん、ディエゴ・加藤・マラドーナさん、山田親太郎さん
などなど豪華メンバーの来場も

私たち杉並区スポーツ振興財団も、
スタジアム限定オリジナルTシャツとボディシールのチャリティー販売と、
ハロウィンゲームのブースで参戦
多くの方に立ち寄っていただきましたありがとうございました

試合は高木選手のFKで先制するも、追いつかれ1-1の同点で試合終了
激しい試合となりました

DSC_0352.jpg

DSC_0027.jpg

DSC_0112.jpg

P1190126.jpg

DSC_0253.jpg

親子スケート教室を行いました⛄

10月16日・23日の2日間、
明治神宮外苑アイススケート場で、
親子スケート教室』を行いました

はじめてスケートをする参加者の方も、
あっという間に滑れるようになりました
2日目には皆さん親子でスイスイ楽しそうに滑っていました

今回参加できなかったみなさん!
今回参加してもっと滑りたいみなさん!

今度は杉並区スケート連盟主催の『杉並区民スケート教室』が、
2016年12月25日、2017年1月15日・2月12日に行われます

こちらの教室は、各回、申込不要・当日受付(先着順)の教室となります。
参加してみたいなーという方は、ぜひお問い合わせください

15036602_1157626334321051_6203407751430528235_n.jpg

14922238_1157626150987736_949868584350805977_n.jpg
15027955_1157625910987760_4422771133360034053_n.jpg

「親子でラフティングin奥多摩」を行いました!!

8月27日(土)杉並区の小学生親子と奥多摩で、
ラフティングを行いました

出発はあいにくの空模様でしたが、
奥多摩に到着して川に入って濡れてしまえば、
雨はまったく気になりません

流れの速いところのスリルさや、
川へのジャンプなどなどなど!
魅力たーっぷりのラフティングツアー

大人も子どもも全力で楽しみました

0410_xlarge.jpg
0193_large.jpg
0048_large.jpg

リオパラリンピック出場の大西瞳(おおにしひとみ)選手が区長を表敬訪問しました!

リオパラリンピック陸上競技100mと走幅跳に出場する大西瞳選手(杉並区在住)が、田中区長を表敬訪問しました DSC03905.jpg 「4年前は補欠で悔しい思いをしたので、代表になれたということは、嬉しいだけでなく、プレッシャーも感じています。」と話す大西選手は、普段は杉並区内にある済美山運動場で練習をしています。今回、最終選考でアジア記録をだし、見事リオパラリンピックへの出場を決めました                                                                                                                パラリンピックに参加する選手の障がいには、さまざまな種類や程度があります。それらが競技結果に影響しないよう同程度の 障がいで競技グループを形成することを「クラス分け/Classification」と呼んでいます。 T42クラスで、100mと走幅跳に出場する大西選手。T42クラスとは、1)片側大腿部で切断しており義足を装着して競技するもの。2)片側の膝関節と足関節の機能を失ったもの。のクラスです。 (一般社団法人JPA日本パラ陸上競技連盟HP〈http://www.jaafd.org/〉より一部引用) 大西選手が競技をするとき、実際に着用している義足を手にし「意外と重いね!」と驚く田中区長に、大西選手が丁寧に説明していました。                            DSC03896.jpg 最後にリオパラリンピックへの意気込みを聞かれると大西選手は 「8年越しくらいで目指した、この舞台にやっと立てたので、悔いのない大会にしたいと思います。100mも幅跳びも、両方とも自己ベストを出して、決勝に進めたらいいなと思っています」 と力強く笑顔で話していました。                      DSC03894.jpg 財団からも、寄せ書きで大西選手にエールを送りました パラリンピックも日本人選手のメダルで、大いに盛り上がることでしょう がんばれ大西選手 がんばれ!ニッポンDSC03883.jpg
プロフィール

sshonbu

Author:sshonbu

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
鳩時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR