すぎなみフェスタ2014終わりました!その2

11月9日(日)すぎなみフェスタ2日め。

雨が弱く降ったり強く降ったりする中、奇跡的に⁉ 雨がやんだ10時半から、ステージで浜口京子さん・アニマル浜口さんのトークショーが行われました。

すぎなみフェスタは区(正確にはすぎなみフェスタ実行委員会)のイベントですが、今回は2020年の東京オリンピックに向けた内容も入れたいとのことで、当財団がご協力させていただくことに。

ということで、今回はステージ上でのトークショーを行うことになりました。

1109アニマル2

浜口京子さんといえば、レスリング72キロ級で2004年アテネオリンピック銅メダル、2008年北京オリンピック銅メダル、2012年ロンドンオリンピックと、3大会連続出場をされています。今回はそのメダルもお持ちいただきました。

京子さんがレスリングを始めたのは意外にも遅く、13歳でボディビルの大会に出たあとからだったそうです。それまでずっと心の奥にしまっておいた「プロレスラーになりたい」という気持ちを初めてお父さんのアニマルさんに伝えた父娘会議のお話、そしてレスリングを始めたきっかけはお母さんの提案だったという話など、貴重なお話も伺えました。そして、なんとボディビルのポージングまで披露してくださいました。

1109アニマル3

1109アニマル4

そのあとは、アニマルさん作詞作曲の「宝の山が降りてきた」を披露してくださり、会場はどんどんヒートアップ。

そして最後はお決まりの「気合いだ!」をなんと30連発!
ちびっこたちも一緒に「気合いだ!」と叫び、満席のお客さんみんなで元気をもらえました。

1109アニマル5

もっともっとお話しを聞きたかったのですが、残念ながら時間に。

それでもパワーをいただけ、またまじめにとりくむ京子さんの姿勢がとても印象的なトークショーでした。

1109アニマル6

そのあとは「オリンピック・パラリンピックブース」に移動し、握手会・写真撮影を行いました。

         1109アニマル7

小さなお子さんから、おじいちゃまおばあちゃままで大喜びの写真撮影。
本当によい記念になりましたね。

最後は、なみすけ・ナミーと、はいパチリ!

京子さん、アニマルさん、本当にどうもありがとうございました!

1109アニマル8
スポンサーサイト