マナーキッズテニス大会 報告

6月26日午前9時、松ノ木運動場5番・6番テニスコートに約60人の小学生が集まり、「第3回杉並区マナーキッズテニス大会」が始まりました。

「杉並区テニス連盟」の主管、「認定NPO法人マナーキッズプロジェクト」の後援、「東京都23区テニス協会」の協力で、スポンジボールを使ったショートテニス用コートでの試合です。

               マナー1

「マナーキッズテニス」とは、スポーツとして試合を行うだけでなく、挨拶や礼儀作法の基本的マナーの習得やスポーツマンシップの体得を目指すものです。

試合の前後には、対戦相手、及び審判への挨拶が厳格に行われ、テニスを楽しみながらマナーを学べるようになっています。

               マナー2

               マナー3

約60名の小学生は、1日かけて個人戦・団体戦を繰り広げ、15時からの閉会式では成績優秀者にメダルが授与されました。

そして、当大会の準備をしてくれた先生やコーチの方々に感謝をしながら、大会が終了しました。

スポンサーサイト